De Press 「Bo Jo Cie Kochom」

2017.07.24

デ・プレスの「ボ・ヨ・チェ・コホン(だって愛してるから)」です。



デ・プレスは1981年にノルウェイでデビューしたポーランドのバンドです。この「ボ・ヨ・チェ・コホン」はよくあるスカ・パンク系の曲ですが、これがなんと81年の作品です。たしかスカ・パンクって90年代に入ってからメジャーになった記憶があるので、81年にこんなサウンドをやっていたというのが驚きですね。このデ・プレスは、パンク/ロカビリーからニューウェイヴの流れを汲むバンドなので半分偶然だとは思うんですが、それにしても時代を先取りしすぎです。

もう1曲「Kalhoz(カルホーズ:集団農場)」も



いやあ、めっちゃシニカルです(笑)。「俺たちは集団農場で働いている」という繰り返しの歌詞ですが、こういうサウンドに乗せることでいろんな意味を含ませているあたりは、まさにパンクですねえ。

デ・プレスはこれまでに18枚のアルバムをリリースしています。今回取り上げた「ボ・ヨ・チェ・コホン」と「カルホーズ」はデビュー・アルバムの『Block To Block(ブロック・トゥ・ブロック)』に収録されています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する