Sada Vidoo 「Iconic」

2017.10.07

サダ・ヴィドゥーの「アイコニック」です。



こういう北欧風味の楽曲ってけっこう好きです。LALEH(ラレー)さんとかIIRIS(イーリス)さんっぽいですが、細かい事は気にしません(笑)。

サダ・ヴィドゥーさんはデンマークのシンガー/ソングライターです。ちょっと経歴をたどってみたところ、なかなかの苦労人ですね。ヴィドゥーさんは2000年にDJ Aligator(DJアリゲイター)の「Lollipop(ロリポップ)」のサビのヴォーカルとしてデビュー。2001年には本名のNicole(ニコル)名義で「Hide Away(ハイダウェイ)」という曲でソロ・デビューも果たします。しかしながらレコード会社(ヴァージン・レコード)のお偉いさんに「君のルックスはカメラ向きじゃない」とヒドい事を言われたため、活動の中心をソングライティングに移します。2006年にはInfernal(インファーナル)というグループの「Ten Miles(テン・マイルズ)」という曲を手がけ、デンマークのみならずポーランドでもヒット曲となります。この時期、あの「Dub-I-Dub(ドゥビドゥビ)」で一部でお馴染みのMe&My(ミー&マイ)と「Te quiero(テ・キエーロ)」という曲もリリースしていますね。

そして2012年にロンドンに渡り、サダ・ヴィドゥーとしての活動を開始します。2014年にアルバム『A Story with No End(ア・ストーリー・ウィズ・ノー・エンド)』をリリース。そして2016年にイギリスの「The X Factor」に出演します。その時の映像をどうぞ。



いやー、これ見るとただの痛いおばさまです(笑)。「生きてる人形」ですか。。。ロシアで活動されているカザフスタン出身のКарина Барби(カリーナ・バービー)さんや、ウクライナで活動されているロシア出身のВалерия Лукьянова(ヴァレリヤ・ルキヤーノヴァ)さん系の方ですね(笑)。サダ・ヴィドゥーさんは、たしかにプロとして20年近いキャリアを音楽業界で過ごしてきただけに素人じゃないのは聴けば分かりますが、審査員の絶賛の仕方が少々ワザとらしい気もしないではないです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する