AKADO 「Oxymoron No.2」

2017.10.13

ロシアのビジュアル系いきましょう。

AKADOの「オクシモロン・ナンバー2」です。



グロウルするヴィジュアル系というのもなかなか珍しい気がしますが、サウンドはけっこう格好いいです。

AKADOは2003年あたりから活動されているバンドです。ロシア風の発音では「アカーダ」、漢字だと「赤道」と表記するそうです。一見すると適当な日本語っぽいバンド名ですが、ロシア語の「赤い(Красный:クラースヌィ)」は元々「美しい」とか「奇麗な」、「素晴らしい」といったニュアンスの言葉で、それに「柔道」や「茶道」の「道」を組み合わせたと考えると、なかなか考えたバンド名だと思います。ただ私ぐらいの年代だと「あかどう」と言えば「鈴之助」だったりするのがちょっとキビしいところです(笑)。

この「オクシモロン・ナンバー2」は2008年の同名のEP(というよりミニ・アルバム)収録のナンバーです。動画の中では「Oxymoron」を「矛盾語法」と表記していますが、普通は「撞着語法」という方が一般的ですね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する