FC2ブログ

Petra Marklund 「Händerna mot himlen」

2017.12.18

ペトラ・マルクルンドの「ヘンデナ・モット・ヒムレン(両手を空に)」です。



こういう「うろおぼえ感」満載の曲ってけっこう好きです(笑)。おそらく作ってる方は元になったネタを失念しているんだろうと思います。気づいていたら、ここまでそのまんまにはしないんじゃないかと……。ただ、この手の「うろおぼえ」作品は、ちゃんと聴き比べると明らかに違うと言えるんですが、ぱっと聴いた感じだとそのまんまに聴こえるあたりが面白いです。

この「ヘンデナ・モット・ヒムレン」は2012年の作品。元ネタになっているのは、もちろん時期的に言ってColdplay(コールドプレイ)の「Viva la Vida(ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ)」だと思います。「ヴィヴァ・ラ・ヴィーダ」はJoe Satriani(ジョー・サトリアーニ)の「If I Could Fly(イフ・アイ・クッド・フライ)」のパクリじゃないかと言われてたりもしてますが、それはまた別のお話ですね(笑)。

ペトラ・マルクルンドさんは2006年デビューのスウェーデンのシンガー。元々はSeptember(セプテンバー)という名前で活動されていた方です。

個人的にはセプテンバー時代は「Midnight Heartache(ミッドナイト・ハートエイク)」という曲が印象に残ってます。「ミッドナイト・ハートエイク」もどうぞ。



Kim Carnes(キム・カーンズ)の「Bette Davis Eyes(邦題:ベティ・デイヴィスの瞳)」をサンプリングしてますが、なんか頑張った素人のマッシュ・アップものっぽい感じが拭えないですね。

えー、ペトラさんはこれまでにセプテンバー名義で英語で歌ったアルバムを4枚、本名のペトラ・マルクルンド名義でスウェーデン語で歌ったアルバムを2枚リリースされています。今回取り上げた「ヘンデナ・モット・ヒムレン」は2012年のアルバム『Inferno(インフェルノ)』に収録されています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する