FC2ブログ

Ани Лорак 「Новый бывший」

2018.01.02

新年、開けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

Ани Лорак(アニ・ローラク)の「Новый бывший(ノーヴイ・ブィヴシ:新しいかつての……)」です。



アニ・ローラクさんの新曲です。個人的にはこういうマイナー・スケールのバラード系の作品はけっこう苦手だったりしますが「Мой мой(モイ・モイ:私の、私の)」という繰り返しがなかなか面白いです。この曲は新しい別れを歌った曲で、女性の方から男性に別れを告げるといった感じの内容です。で、「モイモイ」と言えばフィンランド語だと「じゃあね」に相当する別れの言葉で、そのあたりがリンクするとこの作品の重層的な歌詞の内容が立ち上がってくるという仕掛けになってます。

話は少しかわりますが、最近のロシアやウクライナ界隈のミュージック・クリップは、さりげなく日本語を入れる事が地味に流行してるっぽいです。以前はわりと目立つ感じで、神秘性や異国情緒の演出として使われているような感じでしたが、最近は気にしなければ気にならないレベルで抑えてありますね。個人的には3分23秒の衣装の左腕の「幸福、自由、リバティ、草苺」という並びの意味不明さがつっこみどころ満載でけっこう好きです(笑)。

そして例によって、このミュージック・クリップの監督さんがАлан Бадоев(アラン・バドーエフ)さん。なんかバドーエフ・マニアっぽくなってきて不本意なんですが、やっぱりこの方のセンスは頭ひとつ抜け出してる感じです。画面の構成、色彩設計、カット割、合成技術、楽曲に対する理解度などなど。この作品だと、たった0.5秒のカットのためにわざわざワニを用意するあたりとか(もちろんCGですが、モデリングの手間と時間を考えると……)、かなりナゾなセンスです。そんなバドーエフさんですが、今回だけはやらかしてます(笑)。3分21秒のカットで右下を左へ向かうアニ・ローラクさんがガタってますね。何か狙いがあってやってるんでしょうが、これだと単なる合成ミスにしか見えないあたりがキビシいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する